人生の壁にぶち当たったら

みなさんは、人生の壁にぶち当たった時、どうしていますか?私はといえば、人生の壁にぶち当たったのは、離婚するか悩んでいた時と、それから子供が発達障害と診断された時です。周りのお母さんたちは暖かく見守ってくれる方が多く、「自分の子が発達障害だったら、と思うと手を差し伸べずにいられない」といってくれますが、そんな言葉でも「自分の子が発達障害じゃなくてよかった」に聞こえてしまうわけで、まあそれは普通にそう思うに決まっているのですけれどね。同じく発達障害の男の子を持っている知人が、この間自殺未遂をしたと共通の知人から聞いて… 気持ちはわからないでもないけれど、死ぬほどのことじゃないし死ぬ気になればなんだってできるのにね… と思ってしまった自分もいたりしてね。今はまさに、診断がくだって1か月なので人生の壁の部分。でもこの壁、どうロッククライミングみたいに上ってやるか… 今からこう考えて、壁をよじ登る気満々です。(笑)