いじめられっ子が空手を習ったら

埼玉から沖縄に引っ越してきた息子は、ただでさえアメリカ人のハーフということでいじめの標的になりやすいのですが、沖縄の子供たちからは埼玉から引っ越してきたアメリカ人のハーフということでばっちり標的にされてしまいました。仲良くしてくれる子もいるし、小学5-6年生のお兄ちゃんには仲良くしてもらっているのですが、小学校2-3年生の上級生からは標的にされ、いじわるされています。やられているだけではなく、息子も枝を拾って上級生をぶちのめしたりしているようなのですが(体が大きいこともありまして)、それでもぶたれて唇を切って帰ってきたりしていたのでちょっと心配だったんですよね。で、私が文句を言おうかといっても、「自分で戦うからいい」というんですよね。もともとピアノが得意で、息子のピアノを聞きたいというお友達には学校では仲良くしてもらっているみたいですが、息子は「強くなりたい」と希望し、なんと空手を習いたい、といい始めました。ベストキッドだ!というわけで明日、空手の体験いってきます。でもちょっと心配…