日本の食材って危険なの?

来年の5月にイタリアのミラノで、「食」をテーマにした国際博覧会が開催されるそうです。日本食は、ユネスコ無形文化遺産になったこともあり、広げたいところだったのに、なんと日本館のレストランで使いたい国産の水産・畜産物の食材の多く、魚、国産肉類、乳製品、鰹節が規制で使えないのだそう。

 

そ、そんな危険なものを、私たち日本人は常に食べているのか…。

 

ちなみに鰹節は、カツオをいぶす製造過程でタールや焦げの部分が発生し付着するそうですが、そこに発がん性物質「ベンゾピレン」が生成され、含有量がEUの基準を超える点が問題視されているんだそう。

 

「そうか~、鰹節って日本食の基本なのに、どうなるんだろう。」

「私たちは毎日のように鰹節を食べていて平気なの?」

 

いろんなことを思いましたが、やっぱり放射能の関係で乳製品とかはダメなのか、と思うと、若干気が重くなりましたね。ま、普通に考えて日本以外に住んでいれば、日本の食品は避けたくなって当然ですけれどね。